2005年01月21日

カンフーハッスル

悪の道をめざすシン(チャウ・シンチー)と相棒の(ラム・ジーチョン)は豚小屋砦という名の長屋でギャング団の斧頭会のメンバーだと偽って床屋から金を騙し取ろうとするが逆に豚小屋砦の住人たちに追い出されてなかなかうまくいかない。 っていう冒頭のストーリーなんですが、豚小屋砦の家主のオバサンが最高にいい味だしてます。前半から中盤にかけてはこのオバサンが主役じゃないかと思うほどキャラが強いです。実は最強かも。シンが急に強くなったのには疑問がありましたが、そんな細かい矛盾は気にならないほど映像的にも迫力あってかっこよかったです。ちなみにマトリックスのパロディがかなり入ってます。日本でもこんなの作ってくれないかな〜と。
ハデハデなアクションが好きな人にはオススメです。
kanfu
posted by はいぬ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

博多で「ケツメイシ」の偽者

人気のラップグループ「ケツメイシ」のうそのライブで金をだましとったとして無職の男(24)を逮捕した。男はFM放送局社員を名乗り「ケツメイシのシークレットライブがある。いかないか」などと誘い、若者らをだましていた。記事へのリンク
キャッチには気をつけましょう。
posted by はいぬ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

Soweluアリバム売上げ急増”理由”…「ヒロシです」

さすが「ヒロシ」個人的にSoweluも好きで前回のアルバム買ったし今回も買うかな。去年買ったとき紹介したネタ集「ヒロシです。」も15万部を突破したそうでうれしいですね。ちょっとした相乗効果ですねー。もちろんSowelu自身の実力もあったということですけどね。記事へのリンク
posted by はいぬ at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月19日

ビルコム、オンラインゲームとブログを活用した新卒採用サイトを開設

ゲームをクリアしないと応募ができないWeb簡易テスト形式 なんですが、これが「オンラインゲーム」と言っていいのか。
たんなる企業宣伝ですね。・・・俺もひっかかったのか。記事リンク
posted by はいぬ at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

車検1年延長なら死傷者600人増、国交省が試算

車検の延長問題もめてるみたいですね。いつ新車の最初の車検は3年に決まったんでしたっけ?それからかなり経過して性能もよくなってるはずだから延長してもいいとおもうんだけどな。利権がからんでんのかな?それまで新車購入はしばらく様子見でしょうか。記事へのリンク
posted by はいぬ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーシャンズ11

いまさらなんだけど、オーシャンズ11見ましたよ。ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、ジュリア・ロバーツ、アンディ・ガルシア、etc。オールスターな映画でした。こういうみんな主役級な豪華な映画はドリームとしてはやってみたいと考えるけど、一人一人を深くできないので実際はなかなか難しいですね。内容はラスベガスのカジノの金庫破りです。ジャンルとして好きなので金庫破りはどうやってやるのかとワクワクしていたんですが、先が見えてしまっていまひとつ盛り上がりませんでした。この方法はまるっきり同じというわけではないですが別の映画でやってましたよ。
同じ金庫破りものなら昔見た「ブロンディ/女銀行強盗」のほうがまるでルパンのようで良かった!主演はキム・ベイシンガーです。
posted by はいぬ at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

着メロサイト「一番人気」はどこ?

一位はドワンゴだそうです。ここのガクトの着声はお気に入りです。友達に聴かせたら必ず爆笑でしたね。ガクトが音程はずしで「大きな栗の木の下で」を唄ってます。昔CMでやってましたね。記事リンク
posted by はいぬ at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

裸体で「新年おめでとう」と告げるワームに注意

新年のあいさつを装った電子メールの添付書類として届く。添付書類を開くと、男女のヌードによるHAPPY NEW YEARの画像が表示されるとともに、ひそかにワームがインストールされ、ほかのユーザーにも同じワームを転送しようとコンピュータ内の電子メールアドレスを探し、さらに、ウイルス対策ソフトを無効化しようとするという。記事リンク

そういえば、少し前の記事でははおじさんの顔だったような〜。
報告例は少ないそうですが、不用意に添付ファイルは開かないように!
posted by はいぬ at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

Mr.インクレディブル

スーパーヒーロー“Mr.インクレディブル”の力はその過剰なまでのパワーによって、市民に訴えられ政府から活動を禁止されてしまう。そして、インクレディブルや他のスーパーヒーロー達は普通の生活を強制される・・・
感想としては、リアル人形劇という感じでした。自分にはどーしてもあのアメコミタッチの絵が受けつけませんでした。ストーリーも単純ですし、もちろん映像的には凄いんですが。前作のファインディング・ニモはすばらしくおもしろかったんで期待してたんですが。あの絵が受けつけない人はダメでしょう。
posted by はいぬ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月09日

オールドボーイ

ごく普通な生活を送っていた主人公オ・デスは家に帰宅中に突然拉致され理由も分からぬまま監禁され続け、15年後突如解放される。そしてデスは復讐のため監禁した相手を探していく・・・
見た感想一言で表すならば「壮絶なる映画」でした。特に閉じ込めていた相手との対決シーン。対決というか一方的だったんですがね。どうしてデスを?そしてなぜ15年も閉じ込め、また突然開放したのか?わかったときの衝撃はかなりのものでした。原作は日本の漫画とはえ韓国映画おそるべしですね。オススメです。
oldboy
posted by はいぬ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

3月8日はサンバの日! マツケンサンバが東京ドームを占拠!

マツケンサンバが東京ドームを占拠!アリーナ1万人&スタンド数万人とオ〜レ!オ〜レ!ダンス
おどる、あほうに、見るあほう。おなじあほなら、おどらにゃ、そんそん。てな具合に阿波踊り状態になるのか〜。
こちらに記事詳細・インタビューあり
posted by はいぬ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイリアンvsプレデター

南極大陸の氷の下600メートルの地点に、突如、巨大な建造物が出現。実業家のウェイランドは探検家のレックスを中心に世界中から人材を集め、探検隊を組織する・・・
そこで繰り広げられるエイリアンとプレデターの格闘を期待していたんですがいまひとつ少なかったような。お祭りに近い映画なんだからもっとドンパチやってほしかったな。しかし三人のプレデターのうち最後の一人は円盤使いがうまくてちょっとだけカッコよかったよ。それとレックスのためにエイリアンの頭と尻尾を使って槍と楯を作ったときにはポカーンとしてしまった。有りですか?
avp150
posted by はいぬ at 09:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

本気でパワードスーツづくりに励むアラスカの青年

リンク先の画像を見たんですが、アラスカの雪の中に体長5.5mのロボットが立っている姿はそこからいろんなストーリーが生み出せそうで、なんとも言えず夢があっていいですねーー。動く姿も見てみたいですね。
リンク記事と画像あります
posted by はいぬ at 16:43| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕の彼女を紹介します

「僕の彼女を紹介します」見ました。前に見た「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン主演ということで期待してみました。彼女はけっして美人というわけではありませんが(個人的に)かわいい!特に笑顔が!韓国ではアイドルになるんでしょうか?。ストーリーは婦警役の彼女を中心の純愛ストーリーです。性格は猟奇的な彼女とかなりだぶりましたね。というか一緒!?いっそのこと「猟奇的な彼女ゼロ」とでもすればよかったのに。このあたりは両作品をみてもらわないとわからないと思います。内容的にはちょっとごちゃごちゃし過ぎのように思えて泣けませんでした。XJAPANの曲が日本語歌詞で流れたときには驚きましたね。
bokukano
posted by はいぬ at 11:15| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。