2005年02月18日

ボーン・スプレマシー

前作、ボーン・アイデンティティーからの続編です。元CIAのエージェントだったボーンはあいかわらず、記憶はもどらないまま断片的なフラッシュバックに陥りつつも前作で知り合った恋人と生活しているところから始まるんですが・・・。
前作ほどではありませんでしたが、いきなり謎の男に狙われるところからはじまり急激に引きこまれましたね。・・・中盤のCIAとの対決までは。残念なのは後半からクライマックスがあまり盛り上がらなかったところかな。
CIAの責任者になってた女性がいたんですが、この人のテキパキとしたしゃべりと頭の回転の速さには脱帽です。たまにこういう女性いるんですよね、実際。話してるとこっちがスロー再生してる気分になります。
話しはそれましたが結論として、この映画はジャック・ライアンシリーズとランボーを合わせたような映画でしたね。アクション好きならおすすめです。
続編制作も決まってるみたいなので期待ですね。
posted by はいぬ at 00:37| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。