2005年09月22日

バットマン・ビギンズ

かなり前に見たんですが載せてなかったので書きます。
いままでのバットマンシリーズから戻ってバットマン誕生まで苦悩のお話です。

終わったときの感想は渡辺謙はあれだけ?って感じで最初にチラッと出るだけ。てっきりリーアム・ニーソンあたりの役かと思ってたのに・・・厳しいね。
あとルトガー・ハウアーを久しぶりに見て歳とったなーと。ブレードランナーから好きな俳優さんでした。そのあとはB級映画の主役が多かったですが。ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが悪役で出演してるのを見て以来の衝撃!大袈裟か。
それにしてもバットカーは凶悪でした。
posted by はいぬ at 15:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

バットマン ビギンズ
Excerpt: (c) 2005 Warner Bros. Ent. All rights reserved. BATMAN BIGINS 2005年 アメリカ作品 監督 クリストファー・ノーラン 出..
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2005-09-22 22:21

「バットマン ビギンズ」
Excerpt: 「バットマン ビギンズ」   140分の上映時間、少々長め。 イメージしていたアメリカンヒーローモノとは趣の異なるタイプの作品。 アクションは控えめ、 ヒーローの内なる部分を垣間見ることの出..
Weblog: わたしの見た(モノ)
Tracked: 2005-09-22 22:59

ブレードランナー
Excerpt: ブレードランナーブレードランナー(Blade Runner)は、1982年公開のアメリカ映画。フィリップ・K・ディックのサイエンス・フィクション|SF小説『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』を原作と..
Weblog: 映画の缶詰
Tracked: 2005-10-03 16:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。