2008年02月29日

携帯が水没しました。

それはいつものように昼休みにトイレに行って座った瞬間でした。

「ボチャン」という悲しいお知らせが。すぐに見るとポケットに入れていた携帯が全部水の中の落ちてしまっているではないですか。
「わーっ!!!」と思ってすぐに携帯を救出(汚いなんていってられない)トイレットペーパーで水を全部ふき取り携帯を確認。
液晶画面は真っ暗、電源は切れてました・・・。
アドレス帳、メアド、スケジュール、メモなど大切なデータがすべて消えてしまったかと思い愕然としてしまいました。

大切な思い出たちが走馬灯のように〜。

とにかくこういうときはあせって電源を入れてしまうとアウト!
中に水が入った状態で電源を入れることはトドメを刺すことになるので
ぜったいにやってはいけないことを聞いていたので、はやる気持ちを何とか押さえて冷静に電源カバーを外して濡れていたバッテリーやsimカード、外部メモリーなど外せるものはすべて外し水分を取り除く。
そのあとはエアコンの前に置いて風を当ててできるだけ乾かしたりしてました。

翌日、携帯ショップのお姉さんに恐る恐る持ち込み事情を話すと、電源を入れるとデータが消失するかもしれませんがよろしいですか?と一応確認をとられ、ダメ元でお願いしますとお願いすると、
念のため同型の別のバッテリーで電源が入るか確認してもらいました。

すると!なんと!データが生きてました!!!
とりあえず、パソコンにデータを吸い出してもらってショップのお姉さんが@修理依頼かA機種変更がありますがどちらにされますか?ということで
@修理依頼すると1万以上かかるということなので、
A機種変更することにしました。

とりあえず、キャンペーンで0円になる携帯があったのでそれに決定。
0円とは言っても去年の夏モデルが0円なんて携帯サイクルの速さは異常だなあと思いつつ、
機種変更の手続きをして新しい携帯にデータを移してもらって終了。
水没携帯より高機能の携帯へ生まれ変わりました。

親切なショップのお姉さんありがとう!
posted by はいぬ at 15:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。